鈴木センター長 地区防災計画学会論文賞(室﨑賞)受賞

鈴木猛康センター長ならびに鈴木研究室の修士2年の渡辺貴徳君、修士1年の奥山眞一郎君が、平成30年度地区防災計画学会論文賞(室崎賞)を受賞し、平成31年3月2日に大阪市立大学で開催された第5回地区防災計画学会大会にて表彰されました。本賞は、論文を通じ地区防災計画制度の普及と学会の発展に貢献する業績を挙げた会員1名(組)に、毎年授与されるもので、地区防災計画学会誌第13号に掲載された「一人の犠牲者も出さない広域避難のための地区防災計画」が評価されたものです。
受賞した論文は、鈴木教授が二人の学生とともに中央市リバーサイドタウン地区の広域避難計画策定支援に適用したリスクコミュニケーションについて、その手法と効果についてまとめたものです。同地区は1400世帯、4000人の広域避難に関する地区防災計画を策定し、本年3月に中央市へ提出する予定となっており、受賞論文の取組みは、地域にも大いに貢献しました。

 

PAGETOP