第3回水害に強い甲府盆地推進研究会を開催【鈴木センター長】

11月22日の午後、約30名の錚々たる防災研究者・技術者が集まり、水害に強い甲府盆地について議論しました。甲府盆地南部の人工地盤・高層化、防災システム、堤防・道路、内水対策(盆地に滞留する水対策)・遊水地の4つのWGの検討結果を報告していただき、活発な議論が行われました。第4回研究会(1/8)では、これらのWGの成果を一つにまとめ、パースの形にして共有したいと思います。

PAGETOP