日本災害情報学会 学会大会シンポジウム「避難」のあるべき方向を考える【秦准教授】

日本災害情報学会 第22回学会大会シンポジウムにディスカッサントとして参加しました。浸水想定区域をはじめとするハザードエリアの開発が進んでいる状況を踏まえて、今後のあるべき方向として、避難しなくて良いまちづくりの重要性についてコメントしました。

PAGETOP