山梨日日新聞「平時と有事 垣根なくして 学校現場用にガイド本」【秦准教授】

フェーズフリーの考え方を学校教育に導入する新しい試みをまとめたガイドブック「学校のフェーズフリー」について紹介されました。日常の教科学習に災害や防災の視点を組み込むのが特徴で、教師には防災教育のハードルを下げる効果が、児童生徒にはより身近に理解が高まる効果が、期待されます。同ガイドブックは鳴門市教育委員会が制作し、秦准教授は制作に協力しました。

PAGETOP