太陽光発電シンポジウム【鈴木猛康センター長】

2020年11月29日に、武川町ふれあいホールにて太陽光発電シンポジウムが開催されました。鈴木猛康センター長はこのシンポジウムで、増災と題する基調講演を行うとともに、パネルディスカッションにパネラーとして参加し、とくに山梨の斜面における太陽光発電施設のための用地開発、設置が、土砂災害のトリガーとなること、観光立県である山梨の貴重な財産をむしばむ増災であることを、説明しました。

PAGETOP